公益財団法人 いきいき埼玉 埼玉県シルバー人材センター連合





























埼玉県シルバー人材センター連合とは

シルバー人材センター連合

シルバー人材センター連合は、県内各市町村に設置されている、シルバー人材センターと高齢者事業団によって作られた組織です。
(公財)いきいき埼玉はその本部としてシルバー人材センター事業の拡充や発展に取り組んでいます。

シルバー人材センター事業は、定年などで、現役引退した後も何らかの形で働き続けたいと希望する高齢者に、「一般雇用になじまないが、高年齢者がその経験と能力を生かしつつ、働くことを通じて社会に貢献し生き甲斐を得ていく機会を確保する」ことを目的に創設されたものです。

昭和55年に、国の補助事業(高年齢者労働能力活用事業)として取り上げられ、昭和61年には、シルバー人材センターが「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」上に位置付けられました。
さらに、平成8年には法改正が行われ、「シルバー人材センター連合事業」が位置付けられました。

組織図

組織図

あゆみ

埼玉県では、昭和53年に高齢者事業団が設立され、昭和57年には5市でシルバー人材センターが設立されています。このような経過の中で、昭和60年に高齢者の生きがいを推進する拠点として(財)埼玉県高齢者生きがい振興財団が設立され、シルバー人材センター及び高齢者事業団に対する支援を行ってきました。平成8年の「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」の改正にともない、(財)埼玉県高齢者生きがい振興財団が、埼玉県シルバー人材センター連合の指定を受け、その後(財)埼玉県県民活動総合センターとの法人の統合や公益法人制度改革を経て、現在は公益財団法人いきいき埼玉が、埼玉県シルバー人材センター連合として、県内シルバー人材センターと連携を深めながら事業の拡充や発展に取り組んでおります

1978年(昭和53年) 県内で初めて高齢者事業団が設立される。
1982年(昭和57年) 県内5市でシルバー人材センターが設立される。
1985年(昭和60年) (財)埼玉県高齢者生きがい振興財団が設立され、シルバー人材センター及び高齢者事業団に対する支援をはじめる。
1986年(昭和61年) シルバー人材センターが法律で位置付けられる。
1996年(平成8年) シルバー人材センター連合制度がスタートし、(財)埼玉県高齢者生きがい振興財団がシルバー人材センター連合の指定を受ける。
2002年(平成14年) (財)いきいき埼玉が発足(4月)する。
2003年(平成15年) 会員数が40,000人を超える。
2005年(平成17年) 県内における契約金額(平成16年度分)が200億円を超える。
2006年(平成18年) シルバー派遣事業が開始される。
2013年(平成25年) 公益財団法人いきいき埼玉が発足(4月)する。

年報

シルバー人材センター連合事業推進計画

企画提案方式事業

シルバー派遣事業(労働者派遣事業)

高齢者の多様な就業機会の拡大を図るため、「シルバー派遣事業」を実施しています。(一部センターを除く)
派遣事業につきましては、お近くのセンターまたは「埼玉県シルバー人材センター連合」までお問い合わせください。

シルバーしごとネット

インターネットを利用して全国のシルバー人材センターの中から対応可能なシルバー人材センターを検索し、仕事の問い合わせをすることができます。

シニアワークプログラム事業

高齢者の活力で社会を支えよう

近年、少子高齢化の進展が進む中、日本経済の活力を維持していくためには、健康な高齢者の方々が、長年にわたり培ってきた知識や経験を活かしながら、その意欲と能力に応じた労働を通じて、社会を支える側に回ることが不可欠となっています。

シニアワークプログラム事業とは、55歳以上の方の雇用・就業を支援するため、厚生労働省が委託して実施する事業です。 埼玉県では、公益財団法人いきいき埼玉が受託し、埼玉労働局・ハローワークと連携し、事業主団体等の参画のもと、業種に合わせた基礎的な技能講習、面接会などを実施します。

技能講習申込みのできる方

詳しくは、こちらをご覧下さい。

高齢者活躍人材育成事業

「生涯現役社会」を目指し、地域の高齢者が活躍できるよう60歳以上の方を対象に、厚生労働省が委託して実施する事業です。
埼玉県では、公益財団法人いきいき埼玉が受託し、育児・介護支援業など人材不足分野において、シルバー人材センター会員として派遣就業をするために必要な技能・知識を付与するため、人材育成講習を実施します。

人材育成講習 申込みのできる方

詳しくは、こちらをご覧下さい。

▲ Top